Mont Nimba》アフリカ西部、ギニアとコートジボワールの国境に位置する山。標高1752メートル。両国とリベリアにまたがるニンバ山地の最高峰であり、リベリア領内以外は自然保護区に指定。1981年にはニンバ山厳正自然保護区として世界遺産(自然遺産)に登録された。周辺には良質な鉄鉱石を産する鉱山が多く、特にリベリア側で開発がすすめられている。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉