• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(ドイツ)Neanderthal旧人に属する化石人類。1856年、ドイツのデュッセルドルフ近郊に位置するネアンデルタール石灰岩洞穴で初めて発見され、以後、アフリカ・ヨーロッパ・西アジアなどの各地で出土した。脳容量は現代人と変わらず約1500立方センチで、死者の埋葬を行うなど精神的発達が認められる。学名はホモ‐ネアンデルターレンシス。

[補説]近年の研究で、非アフリカ系の現代人のゲノムに、ネアンデルタール人に由来するDNAの断片が数パーセント含まれていることがわかり、約6万年前にアフリカを出たホモ‐サピエンスとネアンデルタール人などの間で交雑があった可能性が指摘されている。