ネガティブのネガと電力の単位ワットを合わせた造語》使われなかった電力、節電可能な電力の意。米国のエネルギー学者エイモリー=ロビンスが1989年に提唱した概念。節電によって電力の需要量を減らすことは、その分の電力を発電したのと同じ効果がある、という考え方に基づく。→ネガワット取引