• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

モンロー効果が生じるように成形した火薬のくぼみに、金属の内張りを付けることで得られる効果。起爆すると衝撃波で金属が流動性を持ち、超高速で噴出し、高い穿孔力を発揮する。1910年にドイツの科学者エゴン=ノイマン(E.Neumann)が発見。→モンロー・ノイマン効果