• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

糖鎖の末端に結合したシアル酸を切り離す作用をもつ酵素。微生物・植物・動物の細胞膜の表面に存在する。インフルエンザウイルスでは、ヒトなどの宿主の細胞内で増殖したウイルス粒子が、細胞膜から離脱して別の細胞に感染するのに重要な役割を果たす。タミフルリレンザなどのインフルエンザ治療薬は、ノイラミニダーゼを阻害することでウイルスの増殖を抑える。NA。→ヘマグルチニン