• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トルコ南東部、チグリス川上流部にある古代都市の遺跡。紀元前からの歴史があり、古代ローマ時代には要塞が築かれ、7世紀にアラブ人に支配された。12世紀にチュルク族のアルトゥク朝の首都が置かれた。その頃チグリス川に架けられた橋は、現在も橋脚が残る。また、15世紀にアクコユンル朝(白羊朝)のスルターンであったウズン=ハサンの息子、ゼイネル=ベイの霊廟がある。