• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地球規模の大気大循環の一つ。赤道付近の熱帯収束帯で温められて上昇した空気が、南北方向に緯度30度付近まで移動しつつ、次第に冷えて亜熱帯高圧帯で下降し、再び赤道に向かって循環を形成する。地表付近では地球の自転にともなう東寄りの流れとなり、これが中緯度から赤道に向かう貿易風となる。18世紀に英国の気象学者G=ハドレーが提唱。

[地学/気象]カテゴリの言葉