• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

商圏の分析に用いられる数理モデル。消費者がある店舗に買い物に出かける確率は、他の競合店舗の影響を考慮した上で、店舗の売り場面積に比例し、そこまでの距離に反比例するというもの。1960年代に米国の経済学者D=ハフが考案。日本では地域的な現状に合わせた、修正ハフモデルが用いられた。