• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ある系における物体の運動の経路は、経路全体で定義される作用量という積分量が極値をとるような経路に定まるという原理。ニュートン運動方程式から導かれるものと同等になる。物体の運動を変分法の形式で表した物理学の基本原理の一つ。1834年にハミルトンが定式化した。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉