• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド南部、カルナータカ州の町。ツンガバドラ川沿いに位置する。14世紀半ばから16世紀半ばにかけて栄えたビジャヤナガル王国の都が置かれた。多くのヒンズー教寺院、宮殿、水道橋、階段井戸などが点在する広大な都市遺構があり、1986年に「ハンピの建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。