鉤 (かぎ) 十字。卍 (まんじ) と同起源であるが、右鉤で、右まんじとも呼ばれる。ドイツ、ナチスの党章に用いられ、1935~1945年には、ドイツの国旗としても使われた。