• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Herschel Space Observatory》2009年5月にESA(欧州宇宙機関)が打ち上げた宇宙望遠鏡。従来に比べて最も大きい口径3.5メートルという反射鏡を搭載し、宇宙望遠鏡として初めて遠赤外線からサブミリ波の観測を行った。観測装置は熱による影響を抑えるため、1.7ケルビン液体ヘリウムで冷却される。星形成領域、太陽系の諸天体の化学組成、超遠方の銀河などの観測で優れた成果を上げた。名称は、赤外線を発見した天文学者ハーシェルに由来する。2013年9月に観測運用終了。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉