• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Hartz Mountains National Park》オーストラリア、タスマニア州南部にある国立公園。標高1253メートルのハーツ山を中心とし、タスマニア固有の針葉樹ヒューオンパインやユーカリの一種スワンプガムなどの原生林が広がる。タンニンで赤く染まったヒューオン川が流れ、氷河によって形成された湖が点在する。1982年に「タスマニア原生地域」の名称で世界遺産(複合遺産)に登録された。