• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

コンピューターグラフィックスの三次元画像で物体表面の質感を表現する技法の一。木目や金属など、物体の素材を模した画像を表面に貼り付けるテクスチャーマッピングをする際、拡大したテクスチャーの画像が粗くならないよう、周囲の色と加重平均をとること。