バッハの解説 - 小学館 大辞泉

[1685~1750]ドイツの作曲家・オルガン奏者。200年続いた音楽家の家系の中でもひときわすぐれ、大バッハと称される。ヘンデルと並ぶバロック時代最大の音楽家の一人で、バロック音楽のすべての様式を総合し、多声音楽の極致を完成。なかでもフーガの作曲にすぐれた。多数のオルガン曲やカンタータのほか「マタイ受難曲」「ブランデンブルク協奏曲」「平均律クラビア曲集」「フーガの技法」などがある。→シュミーダー番号

バッハの解説 - SOCKETS人物データベース

「音楽の父」とまで呼ばれるほど、のちの作曲家に大きな影響を与えたバロック音楽の巨匠だが、再評価されるのは死後100年も経ってから。
出生地
ドイツ
生年月日
1685年3月21日 おひつじ座
没年月日
1750年7月28日(享年65歳)
別表記
BACH JOHANN SEBASTIAN J.S.バッハ J.S.BACH ヨハン・ゼバスティアン・バッハ J・S・バッハ 大バッハ ヨハン・セバスチャン・バッハ J.S BACH J.バッハ ヨハン・セバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach J.S. Sebastian Bach

出典:青空文庫

出典:gooニュース