英国オークニー諸島、メーンランド島の北西にある島。本島から約260メートルの距離で、干潮時には徒歩で渡ることができる。5世紀にはキリスト教伝道師が居住していたと考えられ、7世紀にピクト人の要塞となり、9世紀にはノルマン人の支配下となった。現在は無人島で、住居や修道院の廃墟が残っている。