フランス中北部の都市、フォンテンブローの近郊にある村。19世紀中頃、テオドール=ルソーミレーコローなど、後にバルビゾン派と呼ばれる画家たちが滞在し、風景や農民の生活を描いたことで知られる。