• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

バルーンやバルーンを装着したカテーテル内視鏡を使用して、尿道血管消化管などの狭窄・閉塞した部分を拡張する治療技術。

[補説]バルーンカテーテルを用いる経皮的血管形成術(PTCA)の他に、尿道にバルーンを挿入して排尿障害を改善する治療法や、バルーンを装着した内視鏡を使用して消化管・胆管気管支などの狭窄・閉塞を拡張する治療法など(経皮的バルーン拡張術)があり、前立腺肥大や、食道アカラシア総胆管結石クローン病に伴う狭窄、気管支狭窄などの治療に用いられる。