• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カンボジア北西部にある仏教寺院の遺跡。シェムリアップの北西約150キロメートルに位置し、タイとの国境に近い。12世紀末から13世紀初頭にかけて、クメール王朝のジャヤバルマン7世が息子の死を弔うために建立。東西約1600メートル、南北約750メートルの環濠 (かんごう) に囲まれる。中央の寺院には、王の戦う姿や王宮内の暮らし、千手観音ヒンズー教の神々を描いた浮き彫りが残っている。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉