ドイツ中南部、バイエルン州の都市。レグニッツ川沿いに位置する。1007年、神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世により司教区となり、宗教、文化の中心地として発展。第二次大戦による被害を受けなかったため、バンベルク大聖堂、新旧の宮殿、アルテンブルク城などの歴史的建造物が数多く残され、1993年に旧市街が世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉

出典:gooニュース