• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アフガニスタンカブールの北西にある渓谷。周辺にある多数の石窟は、かつての僧坊。岩壁には2体の巨大な仏像が刻まれていたが、2001年3月、当時アフガニスタンを支配していたイスラム原理主義タリバーンが、偶像崇拝の否定を理由にこれを破壊。2003年「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録されたが、破壊行為のため同時に危機遺産リストにも登録された。バーミヤーン。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉