• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《詰め物の意》

  1. コンピューターのプログラムなどで固定長のデータを扱うとき、文字数(桁数)が足りないデータの前後に補われる、意味をもたないデータ。→ゼロパディング

  1. HTML文書などで、枠と文書との間に設ける余白のこと。