Pátmosエーゲ海南東部のドデカネス諸島にある島。紀元95年に聖ヨハネがこの島に流刑され、神の啓示を受けて「黙示録」を書いたとされている。11世紀に聖ヨハネ修道院が造られ、その後修道院は要塞化されてヨハネの聖地を守っている。東方正教会の巡礼地の一つ。1999年に「パトモス島の神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区(コーラ)」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/南ヨーロッパ]カテゴリの言葉