• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三次元空間における人間の動作に加え、表情の変化もデジタルデータとしてコンピューターに取り込む手法の一。映画やコンピューターゲームの分野で利用される。従来のモーションキャプチャーよりも、動作を記録するための印やセンサーの数を大幅に増やし、専用の小型カメラで表情をとらえることで、情感豊かな演技をコンピューターグラフィックスで再現することができる。