• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ミャンマー中部の都市ピイ郊外にある仏塔。ピュー族の王朝時代の6世紀から7世紀頃に建立。高さ約48メートル。砲弾型の仏塔であり、典型的なピュー族時代の様式として知られる。2014年、「ピュー族の古代都市群」の名称で、タイエーキッタヤーボーボージーパゴダなどとともに同国初の世界遺産(文化遺産)に登録された。パヤージーパヤー。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉