• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

スリランカ中部の古都ポロンナルワにある灌漑 (かんがい) 用貯水池。4世紀末頃の小さな貯水池に起源し、シンハラ王朝のパラクラマブフ1世の時代に大きく拡張され、乾季の農耕が可能となった。現在も灌漑農業に用いられている。名称は、シンハラ語でパラクラマ王の海を意味する。パラクラーマサミュードラ。