小惑星の一。1802年にドイツのオルバースにより発見。名称はギリシャ神話の女神アテナの別名に由来。直径608キロメートル。軌道長半径は2.8天文単位。公転周期は約4.6年。表面はケイ酸塩が主成分と考えられる。2006年にケレス準惑星に分類されたため、小惑星帯で最大の小惑星になった。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉

出典:青空文庫