身体障害者によるトライアスロン。水泳(スイム)・自転車(バイク)・マラソン(ラン)の3種目を1日で行う耐久競技。一般に、水泳750メートル、自転車20キロ、マラソン5キロを連続して行い、総計の時間を競う。障害の種類と程度によりクラス分けがされ、そのクラスごとに競技が行われる。2016年のパラリンピックリオデジャネイロ大会より正式種目。

[補説]クラスごとに、障害に応じた用具の使用やサポートが認められている。