• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

身体障害者によるバドミントン。大きく車椅子と立位に分けられ、それぞれがさらにクラス分けされる。ネットの高さや用具は一般のものと同じであるが、クラスによってコートの大きさやルールに一部変更がある。

[補説]2020年のパラリンピック東京大会から新競技として採用された。