リトアニア西部の都市。バルト海に面し、同国屈指の海岸保養地として知られる。古くから琥珀 (こはく) の交易が行われ、港町として発展。19世紀末建造のティシュケビチュス宮殿を利用した琥珀博物館がある。