• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Palaia KameniΠαλαιά Καμνη》ギリシャ南東部、エーゲ海にある小島。キクラデス諸島の最南部、大小五つの島からなるサントリーニ島の中央部に位置する火山島。紀元前1500年の大噴火でカルデラができ、紀元前197年の地震で中央火口丘群が海上に現れて、同島が形成された。現在も火山活動が続き、海中温泉があることで知られる。