• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブータン西部、パロ県の都市パロにある城。正式名称はリンプンゾン(「宝の山の城」の意)。パロ川に臨む高台に位置する。17世紀前半、建国の父と称されるシャプトゥン(ガワン=ナムゲル)がチベットに対する防備とチベット仏教ドゥルック派の布教の拠点として建造。現在は県庁が所在し、仏教寺院、僧院として利用される。