1. 《すべての神に捧げられた神殿の意》ローマ市内にある、古代ローマの円形神殿。古代ローマ最大の円蓋建築で、前27年アグリッパが建設。のち、焼失して、120年から125年にかけてハドリアヌス帝が再建。現在はキリスト教寺院で、ラファエロらの有名人、近代イタリア諸王の墓廟となっている。

  1. パリにある国家的功労者の墓廟。ユゴーゾラルソーらが埋葬されている。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉