• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブータン西部、首都ティンプーの北郊にある仏教寺院。17世紀に建国の父と称されるシャプトゥン(ガワン=ナムゲル)がチベットを脱出してブータンを訪れ、初めて居を置いた。同国の国教であるチベット仏教ドゥルック派の暦法(占星術)の学校があり、暦がつくられることでも知られる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉