• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Virupaksha Temple》インド南部、カルナータカ州の町ハンピにあるヒンズー教寺院。ビジャヤナガル王国以前の建立とされ、ハンピの他の多くの寺院と異なり、今もなお信仰を集めている。シバ神の化身であるビルーパークシャを祭る。高さ約50メートルのゴープラム(塔門)と、18世紀に描かれた天井画が残る本殿がある。1986年に「ハンピの建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉