• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド中央部、マディヤプラデシュ州にある岩陰遺跡。州都ボパールの南約45キロメートル、ビンディア山脈南縁に位置する。5か所の岩山に1万年以上前の石器時代以降につくられた岩窟住居群があり、ゾウ・トラ・サイなどを描いた岩絵が残る。2003年、「ビンベットカの岩陰遺跡群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ビムベトカ。ビーマベトカ。ビームベートカー。