• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Wieskirche》ドイツ南部、バイエルン州、フュッセンの近郊の町、シュタインガーテンにある教会。1746年から1754年にかけて、ドイツの建築家、ドミニクス=ツィンマーマンにより建造。特にその内部装飾と天井画はドイツロココ様式の最高傑作とされ、1983年に世界遺産(文化遺産)に登録された。