• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「よま」は長崎方言で糸の意》ガラスの粉を飯粒で練って塗りつけた凧糸 (たこいと) 。長崎で凧揚げ競争のとき、相手の糸を切るために使う。