Duomo di Pisa》イタリア中部、トスカーナ州の都市ピサにある大聖堂。大聖堂、鐘塔(ピサの斜塔)、サンジョバンニ洗礼堂、カンポサント(納骨堂)で構成される。大聖堂は11世紀に建設が始まり、12世紀に完成。説教壇のレリーフはジョバンニ=ピサーノが手がけた。13世紀につくられた4層の列柱が並ぶファサードロマネスク様式の傑作とされる。1987年、「ピサのドゥオモ広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。