米国ペンシルベニア州南西部の工業都市。アレゲニー川とモノンガヒーラ川が合流してオハイオ川となる地点に位置し、河港をもつ。付近で鉄鉱石・石炭を産し、鉄鋼業が発達。現在は医療機器、ITなどの先端技術産業が盛ん。カーネギーメロン大学、ピッツバーグ大学が所在。人口、行政区31万(2008)。