• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

没食子酸 (もっしょくしさん) を熱して得られる白色の針状結晶。そのアルカリ性溶液は酸素を吸収するので、ガス分析などに利用。また還元性が強いので、写真の現像液や分析試薬などに用いる。化学式C6H3(OH)3 焦性没食子酸。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉