• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エチオピア北部の都市ゴンダールにある丘。17世紀から18世紀にかけて、ファシリデス王やヨハンネス1世をはじめとする歴代の王が築いた宮殿・教会・法廷・図書館などの遺構がある。これら石造の建造物群はイスラム、インド、バロックの影響を受け、ゴンダール様式と呼ばれる。1979年に「ファジルゲビ、ゴンダール地域」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ファシルケビ。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉