• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ドイツの詩人・小説家、ケストナーの長編小説。1931年刊行。副題「あるモラリストの物語」。ワイマール共和国末期のベルリンの退廃的な社会と風俗を描き、のちにナチスにより焚書 (ふんしょ) にされた。

出典:gooニュース