• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トルコ北西部の都市イスタンブールの旧市街、ファーティフ地区にあるイスラム寺院。オスマン帝国スルターン、メフメット2世により聖アポストレス教会があった場所に建造。設計は建築家アティク=スィナンとされる。18世紀後半の地震で倒壊した後、バロック様式で再建。図書館、神学校、病院のほか、メフメット2世とその妻の墓がある。ファーティフジャーミー。ファーティフスルターンメフメットモスク。