• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Bāgh-e Fīn》イラン中部の都市カーシャーンの南西郊にある庭園。その起源は16世紀にさかのぼるが、現在見られる庭園はサファビー朝アッバース1世により建設され、以降も拡張工事が続けられた。19世紀半ば、カージャール朝の宰相アミール=キャビールが暗殺された地としても知られる。2011年、「イランのペルシア式庭園」の名称で国内にある他の八つの庭園とともに、世界遺産(文化遺産)に登録された。フィン庭園。