• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《大きな割れ目の意》本州中央部を南北に横断する断裂帯。西縁は糸魚川 (いといがわ) 静岡構造線であるが、東縁は不明。内部はグリーンタフを含む厚い新第三系が褶曲 (しゅうきょく) し、その上に第四紀の火山が分布している。E=ナウマンの命名。

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉