• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光の点滅を行い、断続する光が弁別できず、連続する光に見えるようになる閾値 (いきち) を調べる検査。疲労の測定に用いる。ちらつき検査。

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉