• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

サイトメトリーの一。細胞の浮遊液や懸濁液を細管に通し、短時間で多量(1秒間に数千個以上)の細胞数を計測したり、蛍光や散乱光を測定したりする分析手法のこと。これに用いる測定装置をフローサイトメーターという。1947年に米国の技術者W=コールターが基本原理を考案し、1953年に実用化された。FCM。