• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

基底状態にある原子の電子配置を決める規則の一つ。原子内に同じエネルギーを持つ電子軌道が複数ある場合、各軌道に、同じ向きのスピンを持つ電子が1つずつ入った後に、逆向きのスピンを持つ電子が入る、というもの。フントが経験則として示した。フントの法則。→構成原理