• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブルガリア東部、黒海に面する港湾都市。古代ギリシャの植民都市に起源し、オスマン帝国時代は塩と木材の交易で栄えた。19世紀末に首都ソフィアと鉄道で結ばれ、工業都市として発展。現在、同国最大の港湾を擁する。19世紀末から20世紀初頭にかけての西欧風の建築物が多い。18世紀から19世紀にかけてのイコンを所蔵する美術館、トラキア時代の出土品を展示する考古学博物館などがある。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉